久保有政 異端

久保有政

久保 有政(くぼ ありまさ、1955年 7月13日 – )は、日本のプロテスタント系の聖書解説家、単立・池袋キリスト教会初代牧師。 レムナント出版、レムナント・ミニストリー代表。作家として、月刊誌『レムナント』の主筆を勤め、誌上で求道者、クリスチャン向けに、聖書の基本的な教えを解説

久保有政は異端者ですの? キリスト教徒においては、ごくごく一般的な破綻者ですの。

小説 新昆類 (27-2) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選 ...

久保有政は異端だから久保有政を異端視する人は皆正しい。と

久保有政は異端だから久保有政を異端視する人は皆正しい。というわけではないでしよねえ。 その考え方だと、久保有政が南京大虐殺はなかったと言ったから南京大虐殺はあったのだということになってし …

Read: 900

久保有政牧師のような考え方が、日本のキリスト教会の主流となることを願っています。 久保有政牧師の著作ではありませんが・・・ こちらもオススメ、かも? 「メイド・イン・ジャパンのキリスト教」(マーク・r. マリンズ著)

小説 新昆類 (27-2) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選 ...

久保 有政

久保 有政 , ケン ジョセフ , Tokayer Marvin , Jr. Joseph Ken , マーヴィン トケイヤー 単行本 ¥ 1,525. こちらからもご購入いただけます ¥ 1,525

久保有政は異端だから久保有政を異端視する人は皆正しい。 というわけではないで 久保有政はマリヤ崇拝をしているんですか? なぜ、こう思うのかというと、久保有 久保有政は南京大虐殺は嘘だと言うのに、アンネフランクを盲信するわけですか?

小説 新昆類 (27-2) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選 ...

三位一体論 < 雑稿 < Palm Branch

久保有政氏のようなおかしな主張をしている人は他にもたくさんおられるようですので,何が正しい聖書の教えなのかを皆さんが自分の頭できちんと考え,正しい判断をしていただきたいと切に願っています。 それが,いかにも偉いように思える肩書きや

>チャック・スミスと提携関係にある日本のカルバリーチャペルの >大川従道氏は、レムナントの久保有政氏と一緒になって、いわゆ >る「セカンドチャンス」を宣伝しています。 近頃の教界の悩みですね。

小説 新昆類 (27-2) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選 ...

MUGENJU / 月刊久保有政

月刊久保有政 3件 の商品がございます。 価格順 新着順 表示件数 15件 30件 50件

久保有政著「2014年 ユダヤの大預言」学研 レムナントより | 摂食障害・地震・災害・社会問題・エネルギー・健康・政治・経済・復興・犯罪事件・詐欺・消費者トラブル

2005年12月のブログ記事一覧-東風吹かばにほひをこせよ梅の花

セカンドチャンス (キリスト教)

月刊『レムナント』主筆牧師の久保有政も、「よみ」は地獄とは異なるものであることを強調し、また8つの聖句をあげて死後のセカンドチャンス論をその雑誌で展開した。 賛成派は、「単に死後に天国に行くことだけが福音なのではない。

こんな宗教を理解出来ますか。 聖書研究家の久保有政先生の掲示板は、 審査後に掲載されるページですが、私のことを

小説 新昆類 (27-2) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選 ...

レムナント出版 (キリスト教書籍・雑誌)

キリスト教プロテスタントの聖書信仰に立った福音伝道書籍・雑誌を出版しております。科学・歴史・宗教・人生・現代の事柄など、広範囲にわたる興味深い話題に関連して、聖書の偉大な教えを解説しています。このホームページを通し、優れたキリスト教書籍・雑誌を手に入れたり、様々な

日本の中のユダヤ文化 – 久保有政 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

Price: ¥1026

(2)日本の古代史の理解☆「かごめの歌」の“鶴と亀が統べる ...

もう隠しようがない日本人が知って検証していくべきこの国「深奥」の重大な歴史 – ユダヤ人が唱えた《古代日本》ユダヤ人渡来説 – 久保有政 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

Price: ¥1996

ごきげんよう! さわこです 久保有政さんの「日本とユダヤ 聖徳太子の謎」を一昨日読み終えました。 古代日本とイスラエルの関係に興味をもって、何年にもなるのですが、今まで、何冊もの本を読んでき …

そのために彼らは「異端」と呼ばれています。それらは正統的なキリスト教会ではないのです。 ところで、みなさんは、 「なぜキリスト教会は多くの教派に分かれているのですか」 とお聞きになるかも知れ …