城崎にて テスト

志賀直哉「城の崎にて」1/2 問題

問2 「自分」(この小説の語り手として設定されている人物)は、城崎温泉に滞在し始めた頃、はちの屍骸を目にするまで「死」をどのように感じ取っていたか。解答用紙の形式に沿って3点で説明しなさい。

こんにちは、文laboの松村瞳です。今回は、三つめの「死」との出会い。いもりです。【何気ない場所で出会ったいもり】だんだんとうす暗くなってきた。いつまで行っても、先の角はあった。もうここらで引き返そうと思った。(本文より)主人公「自分」は、

『小僧の神様』のあらすじ、解説、感想とかとか。 - 良い本 ...

高校2年です。

高校2年です。 今度の期末テストに現代文で志賀直哉さんの「城の崎にて」がテスト範囲です。正直言って、話の内容が理解できません。わかりやすいように解説していただけるとありがたいです。また、テストで聞かれそうな

Read: 80399
Click to view on Bing5:05

Sep 29, 2017 · 10分でできるテスト対策 古文 「土佐日記 門出」 これで10点アップ! 永本冬森ドキュメンタリー『城崎にてアート』Tomori Nagamoto:

Author: 石原直哉

『城の崎にて』のあらすじ、解説、作者などなど。

『城の崎にて』の作者は、志賀直哉ですね。『城之崎にて』でも『城崎にて』でも、もちろん『木野崎にて』でもなく、『城の崎にて』というのが正しいタイトル名になります。兵庫県の温泉が湧いてるところですね。志賀自身が交通事故にあって、数週間城の崎に逗留したのですが、その時の

『城の崎にて』 1年国語 k 期末試験ここ範囲だった人多いんじゃない? 志賀直哉 『城の崎にて』 山の手線の電車に跳ね飛ばされて怪我をした・・・・ │学生向けコミュニティサイト-キャスフィ

現代文 城の崎にて 高校生 現代文のノート

期末テストということで『城の崎にて』を自分なりにまとめてみました 読みづらかったりするかもしれませんが許してください 誤字、脱字などは注意してますがありましたらすみません キーワード: 城の崎にて,国語総合 現代文編,現代文,志賀直哉,数研出版,小説,数研,国語総合,国語,現文,現国

q 「城之崎にて」について質問 志賀直哉の短編小説「城之崎にて」を読んで、疑問に思ったことがあります。イモリの話題に入る前に、こんな描写がありました。

国語のテストで城の崎にてがでるのですが教科書に載っている次 …

国語のテストで城の崎にてがでるのですが教科書に載っている次の問題がわからないので教えて下さい一.この小説の特色について、次の点から考えてみよう。1. 主人公や状況などの設定の仕方 2.時間的な構成二. 蜂の死、ネズ

Read: 28747

城の崎にて(きのさきにて)とは。意味や解説、類語。志賀直哉の小説。大正6年(1917)発表。小動物の死を見つめ、人間の生と死の意味を考えた心境小説。 – goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

城の崎にて/志賀直哉・クイズ一問一答

城崎温泉 3.主人公が後遺症を心配された病名は? 脊椎カリエス 4.主人公が中学のときに読んで自分の生に使命感を覚えた本は? ロード・クライヴ 5.療養中はじめに見つけた死んだ生物は? ハチ

城の崎にてを読解した人に質問です。 私は授業で 気分で願うところ→静かに死にたい(死に惹かれる) 実際→生き延びようとする(生に執着) と習ったのですが 気分で願うところ→生と死もあるがままに受け入れたい 実際→死に直面した時 という解釈を知りました。

小説読解 志賀直哉「城の崎にて」その6 ~まとめ 生きていること …

感謝=ありがたいと思う気持ち がわいてこない

交通事故で怪我をし、兵庫県の城の崎温泉に養生にきた自分は、死について考える。ある朝、蜂の死体を見る。 そしてある日、小川で首に串を刺されてあがき回る鼠(ねずみ)を見る。またある夕べ、小川のいもりを驚かすつもりで投げた石が偶然に当たって殺してしまう。

城崎でカニざんまい♪カニ料理が自慢の旅館9選. 兵庫県豊岡市にある「城崎温泉」は『城崎にて』などの小説に登場する歴史古い温泉街。日本海に近いため、新鮮な海の幸が楽しめる温泉地としても知られています。なかでも名物は冬に味わえる松葉ガニ!

『小僧の神様』は、小説の神様といわれる志賀直哉の小説ですね。1920年、志賀直哉37歳の年の作品です。「白樺」にて発表されました。異様に寿司が食いたくなる小説ですね。あらすじと解説、感想をまとめてみました。

また「城の崎にて」は大正2年の経験を3年半ののち大正6年に作品化されたのだが、その間に「いのち」と題された草稿が残されていることが判明した。 あらすじ. 東京山手線の電車にはねられ怪我をした「自分」は、後養生に兵庫県の城崎温泉を訪れる