親元就農生産指導方策

新規就農支援|JAグループの農業振興策|JAグループ (農業)

就農・定着ステージ. 就農に当たっては、農業技術の他にも、農地の斡旋、販売ルートの確保(生産部会への加入等)、農業機械・施設の導入、そのための資金調達や経営計画づくり、会計・税務など多岐にわたる準備が必要となります。

[PDF]

主要農作物等種子の採種・振興と生産振興並びに農業改良の推進 主要農作物原種の受託生産 に対して,事業効果の評価や効果発現に向けた改善方策 等について指導を実施する。 展を図るためには,親元就農者のほか県内外からの新規参入者や農業

[PDF]

令和元(2019)年度栃木県農業大学校評価シート

・親元就農、雇用就農を希望する学生に対 し、就農コーディネーターによる濃密指導を実 施する。 就農希望者への支援の充実 ・就農後の円滑な経営や雇用就農を開始でき るよう、本校学生の進路情報等と地元農業振 興事務所の就農情報等を共有していく。

[PDF]

・親元就農は定着率が高いので、こちらに力点を置くべき。新規参入と親元就農の定着率の調査を 行ってもらいたい。 ・生産コストが下がらない中で、所得を確保するためには販売力の向上、ターゲットを見据えたマ ーケットインの視点が求められる。

(2)担い手の育成・確保:農林水産省

(認定農業者の動向)

この制度は、研修終了後1年以内及び交付期間の1.5倍(最低2年)以上就農を条件づけています。研修終了後は、就農から5年以内に認定新規就農者になることです 。 親元就農の場合、5年以内に経営を継承するか又は共同経営者になることの条件です。

[PDF]

第1章 事業実施概要

用地等の利用の効率化及び高度化の促進を図るとともに,農業生産性の向上に資 業効果の評価や効果発現に向けた改善方策等について指導を実施す 展を図るためには,親元就農者のほか県内外から新規参入者や農業法人等への雇

2009年の大学卒業と同時に親元就農。徳島県の「なると金時」内で産地ごとにブランドが乱立していたため、2014年に各産地の生産者で出資して共同運営会社を設立し、ブランドを再定義し、スケールメリットを生かした事業展開を行っている。

[PDF]

平成30年度 学校評価自己評価結果 千葉県立農業大学校 重点 …

5 親元就農及び農業法人への就職を予定する生徒が円滑に就農できるよう、生徒と 職員で農業事務所を訪問し打合せを行った。 6 教務担当者、専攻教室担当者、クラス担任で連携をとり情報共有を図った。

[PDF]

している。また、生産性向上のための圃場の改良・改善(潅水設備の設置や栽培施設 を記入し、法人雇用や親元就農は含まない(欄の最も右が昨年度) 有者への指導 ※1管内の農地面積は、耕地及び作付面積統計における耕地面積と農地法第30条第1項

[PDF]

農業政策研究プロジェクトの目標と概要 1.農業政策研究プ …

区分は新規参入者が2名、uターン就農者が2名、親元就農が2名である。フロンティア研修の良かっ た点について就農者の4名が研修により研修生や指導員、地域振興局等との繋がりができたことを挙 げてい …

[PDF]

就農時には、農業経営基盤強化促進法に基づく利用権設定による農地の貸借で経 営農地を確保しているが、耕作に適した畑(特に野菜)が少ない上に耕作圃場が分散 している。また、生産性向上のための圃場の改良・改善(潅水設備の設置や栽培施設

高知県施設園芸産地にみる新規就農者確保および定着への取り組 …

①きゅうり部会の生産者数を維持するには、年間 5 名程度の新規就農者が最低必要になるが、そのためには I・Uターン 者だけでなく農家子弟の就農(親元就農)にも傾注する必要がある。

57 ちばの園芸産地活性化支援事業 予算額 25,000千円(h26 22,000千円) 1 事業の目的・概要 量販店など大口需要の増加に対応し、激化する産地間競争に打ち勝つことのできる体制を整備

[PDF]

平成29年度高知県立農業大学校の外部評価について

た資格・免許取得指導の 強化 進路支援 活動の強 化( 就職 活動の支 援体制の 強化) 卒業後直ち に就農できる 学生は少ない。 就職活動の 意欲が低い学 生が散見され る。 雇用就農で きる生産法人 の開拓 進路内定率 100% キャリアプラン作成

回 答 新規就農促進の為、青年就農補給金を25年補正、26年予算で拡充。農の雇用事業についても1年以内の親元就農可能と要件緩和。収入面で安心できるよう、折衝している。

[PDF]

いて、防疫体制を強化すること。また、感染防止の方策や、発生した際の対 応等について生産者や自治体、関係団体等への指導を徹底すること。 10.有害鳥獣対策の強化 有害鳥獣の被害が拡大するとともに、その種類も増加し、遊休農地が増加す

また、新年度当初予算案の説明に対し、特に担い手対策については、若者に向けた効果的な情報発信や親元就農への支援、健康福祉部と連携した農福連携の推進など多様な人材の確保を求める意見が出され …